子供の英会話は絵本の読み聞かせと海外子供番組で身につく

最近は1歳児ぐらいから英才教育として英会話を学ばせる親御さんが増えています。確かに小さいうちに英語に触れさせていればそれだけ簡単に英語が身につくというのは本当のことです。ですから少なくとも幼稚園ぐらいまでには英語に触れるチャンスを作ってあげましょう。

 

英語に触れるといっても何も英会話スクールに絶対通わなければなら無いというわけではありません。英語の簡単な絵本を繰り返し一緒に読んであげたりするだけでもグッドモーニングやハローなどの簡単な日常会話は身についていきます。また数字やアルファベットなども絵本で繰り返し目にしていればすぐに身につくものです。

 

ヒアリングの耳を養うにはアメリカのキッズ向けアニメなどがおすすめです。子供向けのアニメは友達を大切にすること、譲り合いをすること、思いやりの気持ちなど友達関係を築く上でのルールなどを学びながら同時に英語も耳にすることで自然と英語を聞き取る力が身についていきます。耳からの英語は、やがて英語を実際に話すことにつながっていきます。

 

このようにお母さんが日頃から地道な努力をすることで子供に英語を身につけさせることは十分可能なのです。